Home > 初診の流れ

  • 初診の流れ
はじめての診察の手順は?
  • 症状別治療ガイド
各症状の基本的な治療方法は?
  • 自費治療について
保険適用外の治療代金はいくら?
  • 衛生管理について
安心安全、消毒滅菌を徹底します!
  • CTで精密な診断
従来のレントゲンより詳しく見える!
  • 顕微鏡をみてみよう
お口の中の状態をチェックしよう!

初診の流れ

 

ご予約の方を優先的に診察させて頂いております。あらかじめご了承ください。

 

1.予診表の記入

はじめての方は予診表の記入およびカルテ作成を行いますので早めに来院下さい。
患者さまの症状を明確に知りたいのでできるだけ詳しくご記入ください。

 

2.問診

カウンセリングルームにて問診させていただきます。ここで現在の症状や経緯、また治療に関するご希望を詳しく聞かせていただきます。
 

3.検査

口腔内診査(むし歯や問題のある歯の診査、
歯肉の腫れの診査など)

 

4.レントゲン撮影

口腔内診査で必要があると判断した場合レントゲン撮影を行います。
当院のレントゲンは最新のデジタルレントゲンのため従来のフィルム式のレントゲンの1/10の被ばく量で精度の高い画像が得られます。
 

5.口腔内写真

歯科用カメラを使って現在のお口の状態を記録します。
 

6.治療

治療計画を立案し納得されてから治療開始です。痛みや緊急性のある場合、その部位の説明を優先させて頂き、その後全体的な説明をさせていただく場合もあります。

 

7. メンテナンス

治療が終わったらそれで終わりではありません。お口の中のいい状態を保つには早い方で2~3か月でメンテナンスしていく必要があります。

また歯周病菌がお口の中にいつも存在している常在菌であることから、歯周病は一度発症してしまうと症状を軽くすることはできても完全にゼロにすることはできません。そこで治療が終わってもいい状態を維持することが大事になります。

それこそがメンテナンスです。メンテナンスではお口の状態のチェック、歯垢歯石の除去、フッ素入りペーストでの研磨、フッ素塗布、再度ブラッシング指導を行います。予防歯科専任の歯科衛生士が担当制で患者様の口腔内を管理させて頂きます。